アンとケイトでポイント交換する手順!amazonギフト券などポケアンのお得な換金先

アンとケイトで貯めたポイントをお得に交換する方法はあります。

キャンペーンなどを利用すれば100%以上のレートでポイント交換することも可能。

そこで今からアンとケイトの交換手順や、お得な交換先を見ていきましょう。

ポイント交換できないときの原因など、Q&Aについても解説しています。

アンとケイトのポイント交換【ルール編】Amazonギフトがお得

アンとケイトのポイントを交換

まずはアンとケイトで貯めたポイントを交換するときのルールを確認。

レートや手数料・交換先を見ることで、お得な交換先がわかりますよ。

アンとケイトでポイント交換するときの手数料は無料

アンとケイトを使うメリットの1つに交換手数料があります。

アンケートサイトでは交換時に手数料を取るサイトもありますが、アンとケイトでは手数料が無料。

どの交換先を選んでも手数料は、アンとケイト側が負担してくれます。

アンとケイトのレート

レートについては”1ポイント=1円分”で交換されます。

手数料も無料でレートも”1ポイント=1円”なので、交換するときも計算もしやすいですよ。

アンとケイトはポイントの有効期限に注意

1つだけ注意したいのはポイントの有効期限。

アンとケイトでは年1回の更新手続きを行わなかった場合、ポイントが失効する仕組みとなっています。

もちろん更新手続きを忘れないようにしたいですよね。

ただ私は忘れたときも損害が少ないように、日頃からポイントを交換するようにしています。

アンとケイトは手数料が無料なので、交換回数を増やしても損しないので。

アンとケイトでお得な交換先は?PEX経由のAmazonギフト券が有力

Pexの特別レート
出典元 Pex

アンとケイトの交換先は以下の通りとなっています。

手数料もレートも同じですが、最低交換額だけ違います。

交換先と最低交換額

  • 楽天銀行・PayPay銀行(500ポイント~)
  • その他の銀行(1000ポイント~)
  • Amazonギフト券(300ポイント~)
  • iTunesギフト(500ポイント~)
  • ドットマネー(300ポイント~)
  • Pexポイント(500ポイント~)

ちなみに楽天銀行以外の対応銀行は公式サイトで公開されています↓↓

公式サイト⇒アンとケイトのポイント交換先の対応銀行

私はお得さを優先しているので、いつもPex経由でAmazonギフト券に交換しています。

Pexでは時期によって特別レートという100%以上のレートでポイントが交換できるキャンペーンがあるんですね。

その中によく交換先に出てくるのがAmazonギフト券。

なので私はAmazonギフト券へ交換し、さらにAmazonの割引キャンペーンを利用して商品を安く買っていました。

アンとケイトで貯めたポイントをできるだけお得に使いたいならPexを選びましょう。

Pexなら他のアンケートモニターで貯めたポイントでも交換先に選ばれていることが多いですよ↓↓

参考⇒アンケートモニターの稼げるランキング【※2022年9月時点】

アンとケイトのポイント交換【ルール編】

  • ポイントの交換手数料は無料
  • レートは1ポイント=1円分
  • 有効期限があるのでマメに交換しておく
  • お得に交換したいならPexの特別レートを使う

アンとケイトのポイント交換【手順】

ポケアンのポイント交換

では次にアンとケイトで貯めたポイントの交換手順を見ていきます。

次の2ステップを意識するだけで、簡単にポイント交換できますよ。

①アンとケイトで本人確認をする

アンとケイトの公式サイトにログインして左メニューにある”ポイント交換申し込み”へ進みます。

そして最初は本人確認をすることになります↓↓

アンとケイト
出典元 アンとケイト

入力項目

  • 生年月日
  • パスワード
  • セキュリティ認証

②アンとケイトのポイントの交換先を選ぶ

次のページに進むと交換先を選ぶことになります。

アンとケイト
出典元 アンとケイト

お得なレートで交換したいならPex経由で特別レートを使いましょう。

現金化にこだわるなら口座振り込みとなります。

あとはポイント交換の内容を確認して終了。

アンとケイトは他のアンケートモニターと比べても交換手順が少なくて楽ですよ。

ポケット アンとケイトのポイント換金【補足編】

ポケットアンとケイトのポイント換金

最後にアンとケイトのポイント交換に対する疑問や、エラーへの対応を見ていきましょう。

ポイント交換できないときや、楽天銀行を使うメリットを紹介します。

① アンとケイトのポイント交換ができないとき

ポイント交換ができないときは3つの原因が考えられます。

まず1つ目は貯めたポイントが、交換最低額に達していない場合。

交換先によって最低交換額は違います。

なのであなたが選んだ交換先の最低交換額をチェックしましょう。

交換先と最低交換額

  • 楽天銀行・PayPay銀行(500ポイント~)
  • その他の銀行(1000ポイント~)
  • Amazonギフト券(300ポイント~)
  • iTunesギフト(500ポイント~)
  • ドットマネー(300ポイント~)
  • Pexポイント(500ポイント~)

2つ目は交換回数についてです。

アンとケイトではAmazon・iTunesギフト券への交換は1日1人10回までとしています。

少額を何回かに分けて交換していると途中で交換できなくなる可能性があります。

3つ目に考えられる原因は、口座情報を入力していない場合。

口座情報が未登録の場合は、交換先に銀行を選べません。

もちろん口座番号を間違ている場合も振込はできないので要注意。

もしこれらの原因が当てはまらないときは、公式サイトでお問い合わせをしましょう。

公式サイト⇒アンとケイトのお問い合わせはこちら

アンとケイトはポイント交換のしやすさはメリット。

他のユーザーからも評判は高いので、不具合にも対応してくれます↓↓

参考⇒アンとケイトの評判は?口コミからわかるメリット・デメリット

② 楽天の銀行振込で換金する意外なメリット

楽天銀行
出典元 楽天銀行

楽天銀行はこれを機に開設した方が良いお得な口座と言えます。

もちろん普段から使っている銀行へ振込するのも良いでしょう。

でもネット銀行を1つも持っていないなら、楽天銀行を検討する価値はあります。

楽天銀行を使うメリット

  • 最大月7回までATM手数料が無料
  • 最大月3回まで他行振込手数料が無料
  • 楽天ポイントが貯まる(使える)
  • 金利が高い

他のアンケートモニターで貯めたポイントもPexやネット銀行を使えばお得になるケースもありますよ↓↓

参考⇒アンケートモニターのおすすめランキング5選【2021】

アンとケイトのポイント交換はお得な交換先を選ぼう!Pexがおすすめ

アンとケイトのポイント交換

アンとケイトのポイントは交換しやすいように配慮されています。

手数料も無料ですし、レートも”1ポイント=1円”と計算しやすい。

もしお得に交換したいなら特別レートがあるPexがおすすめ。

あとはAmazonギフト券に交換して、割引キャンペーンで商品をお得に買うという方法も検討しましょう。

現金化にこだわるなら楽天銀行への交換がしやすいようになっています。

次はこちら⇒アンとケイトは安全?過去の漏洩や運営企業について

コメント

タイトルとURLをコピーしました