D style webの評判と口コミは?利用者の声で判明したメリット・デメリット

D style webは誰にでもオススメできるアンケートモニターではありません。

単価が高く高額報酬の依頼が多い D style webですが、デメリットもあります。

そのデメリットも踏まえて、あなた自身に向いてるアンケートモニターか確かめませんか?

  1. D style webの評判【良い口コミ】
  2. D style webの評判【悪い口コミ】
  3. 実際に使ってみた評価【レビュー】

D style webは他のアンケートサイトと組み合わせて効果を発揮します。

逆に D style webだけ使って稼ごうとしても難しいですよ

D style webの評判!良い口コミからわかったメリット

D style webのメリット

D style webを利用者からポジティブな口コミを集めました。

良い意見を聞けばD style webを利用するメリットがわかります。

評判① アンケート単価が高い

D style webは他のアンケートモニターと比べて、アンケート単価が高いのが特徴です。

同じ分量のアンケートでも報酬が高いので、コスパが良い。

Webアンケートの頻度は少なめですが、その分だけ単価が高いのが魅力です。

紅白みながらアンケートモニター案件やポイ活消化こぶし
けっこうD style Webは高単価な気がする、、、

引用元 Twitter

アンケート量が控え目なので、D style webだけで稼ごうとするのは難しいです。

ただ他のアンケートモニターと掛け持ちして使うときに、 D style webの単価の高さはメリットになりますよ。

ちなみに掛け持ちで使うアンケートモニターは以下の記事を参考に選ぶと効率的です↓↓

参考⋙アンケートモニターの稼げるランキング【※2022年5月時点】

評判② D style webは電話インタビューや会場調査など種類が豊富

D style webの座談会

アンケートの単価が高いD style webですが、アンケートの種類も豊富との声もあります。

通常のWebアンケートだけでなく、座談会や会場調査・電話インタビューなどにも対応。

2020年以降は実際に会わなくても調査できるオンラインインタビューも増えていますよ。

D style webのアンケートの種類

  • ミステリーショッパー
  • 商品モニター
  • 座談会
  • 会場調査
  • 個別インタビュー
  • 訪問調査
  • 郵送調査

このようにWebアンケート以外の調査は、報酬が高いという特徴があります。

通常アンケートだど1問2円~500円ほどですが、座談会は3000円~1万円することも。

時給換算しても、普通のアルバイトよりも稼げてしまう計算になります。

特にD style webは座談会や会場調査などの依頼が多いことで有名なアンケートサイト。

D style webを使うときは、積極的に座談会や電話インタビューに応募することが稼ぐためのコツとなります。

評判③ D style webはポイント交換の手数料が無料

D style webのポイント交換

利用者の意見で好意的なのはポイント交換時の手数料。

D style webはポイント交換をドットマネー経由にすることで手数料が無料となっています。

ドットマネーは口座振替で現金化したり、電子マネーに交換することも可能。

ポイントサイトの中でも良心的なサイトなので、D style webで貯めたポイントを換金しやすいです。

評判④ D style webは安全に使える

D style webのセキュリティ

悪質なサイトでは、登録した瞬間に迷惑メールが届くようなリスクもあります。

あとは最初は『稼げる』とアピールしていたのに、急に改悪して稼ぎにくくなったりするサイト。

もっと悪いやり方だと、最低交換額の設定を高くして途中で諦めさせるようなサイトもあります。

D style webはそんな心配もなく、登録後も安全に使うことができます。

『安心して利用できる』という点も、当たり前かもしれませんが、利用時のメリットですね。

参考⇒D style webは安全?危険性がないか確かめてみた

D style webは座談会や電話インタビューなどWebアンケート以外の種類も多く扱っています。

ですが安全性という点でも問題はないので、応募するときに不安を感じる必要はないですよ。

D style webのメリット

  • アンケート単価が高い
  • アンケートの種類が多い
  • ポイント交換時の手数料が無料
  • 安全性が高い

D style webの評判!悪い口コミから判明したデメリット

D style webのデメリット

D style webはメリットばかりのアンケートモニターではありません。

私も実際に利用していますが、避けられないデメリットもあります。

そこで次はD style webの悪い口コミと、そのデメリットをカバーする使い方を紹介します。

口コミ① D style webのアンケート頻度が物足りない

利用者の口コミで一番多いネガティブな意見がアンケート頻度でした。

D style webはアンケート単価が高い反面、アンケート量が物足りないんです。

登録した方の属性によっては全く来ないなんてこともあったみたい。

実際に登録をしまして期待しましてやってみましたが、三ヶ月しましたが、一度もアンケート参加できませんでした。

引用元 みん評

なのでD style webだけを利用して稼ごうとするのは無謀。

そうではなく複数のアンケートモニターを掛け持ちするという意識が大切です。

その中でコスパが良いD style webを使えば、単価の高さというメリットを活かして使うことが可能。

アンケート量が多いサイトをメインで使い、D style webなど単価が高いサイトをサブとして使い分けると効率的ですよ↓↓

参考⋙アンケートモニターのおすすめランキング!安全に稼げるサイト

口コミ② D style webのアンケートが途中で打ち切られる

D style webのアンケートが打ち切り

悪い評判として2番目に多いのが『アンケート回答中の打ち切り』です。

通常のアンケートサイトは、事前調査アンケートと本調査アンケートに分かれています。

1問数円の事前調査アンケートを受けて、該当者だけに本調査アンケートが届くという流れ。

ただD style webでは事前調査と本調査がセットになったアンケートも届くんですね。

なのでアンケート途中で『対象者にならない』と判断されると、アンケートが打ち切られます。

 D style webの悪いところは途中で打ち切られると、報酬がもらえないこと。

その分だけ最後まで回答できると、他のアンケートサイトより多めの報酬がもらえます。

ただそれを踏まえても、アンケートに答えたのに打ち切られて報酬0というのは、利用者にとって悪い印象が強いですね。

だからこそD style webはサブとして割り切って使うことをオススメします。

打ち切られないようにと嘘の回答をすると不正回答と見なされ、アンケート自体が来なくなるリスクもありますよ。

参考⋙ D style webからのアンケートが来ない原因と対策

口コミ③ D style webの高額調査に当たらない

D style webの会場調査

D style webは他のアンケートモニターより座談会や電話インタビューなどの依頼が多いです。

もともとD style webが座談会などに力を入れていることもあり、月に何回も依頼が届きます。

ただその依頼に応募しても、実際はなかなか当たらないのが現実。

座談会や会場調査・電話インタビューなどは時給換算すると数千円レベルなので超コスパが良いお小遣い稼ぎになります。

だからこそ多くの利用者が応募するので、当選確率が下がって今うんですね。

当選確率は私たちが上げることはできないので、応募回数を増やす工夫をしましょう。

D style web以外のアンケートモニターにも登録して、そのサイトからも座談会に応募する。

複数のサイトから高額報酬をもらえる依頼に応募すれば、結果的に当選回数も増えていきますよ。

参考⋙D style webの座談会が当たらない原因と対策

口コミ④ D style webのポイント交換が面倒くさい

D style webのポイント交換

D style webは貯めたポイントをドットマネー経由で換金します。

確かにドットマネーは交換先は豊富に用意されているポイントサイト。

レートも100%だったり、手数料が無料の交換先もたくさん用意されています。

ただそれでも、いちいちドットマネー経由でポイント交換するのが面倒くさいという利用者もいました。

特に初回交換時はドットマネーで『D style webのIDで口座開設』という手間もあります。

アンケートモニターから直接ポイントを交換できないという点は、確かにデメリットかもしれませんね。

ただ複数のアンケートモニターを使っている場合は、それぞれのサイトで貯めたポイントをドットマネーで一括管理できるので楽。

1つのサイトでは月500円~1000円ほどしか稼げなくても、ドットマネーにポイントをまとめると月5000円くらいになります。

そこから口座振込をして現金化したり、電子マネーとして買い物で使うと、お得感はありますよ。

ドットマネー経由は確かに手間かもしれませんが、『直接交換できるけど手数料がかかる』よりはマシです。

D style webのデメリット

  • アンケート頻度が少ない
  • 途中で打ち切られると報酬がもらえない
  • 座談会や電話インタビューに当たらない
  • ドットマネー経由が面倒くさい

D style webを評価してみた!向いてる人・向いていない人

D style webの評価

では次に実際に私がD style webに登録して使った感想をお話しします。

D style webは良い意味でも悪い意味でも、特徴がハッキリしているアンケートモニターでした。

『アンケート単価は高いけど頻度が少ない』

これをメリットとしてとらえるか、デメリットとしてとらえるかで D style webへの評価は変わります。

私のように複数のアンケートモニターを使う側からすると D style webはメリットが大きくなります

マクロミルやリサーチパネルなどアンケート量が多いサイトをメインとして使う。

そして暇な時間を利用して、D style webなど単価が高いアンケートに答えています。

このように使い分けると D style webの特徴がメリットとして活かせます。

逆にアンケートモニターを1つだけ登録して稼ぎたい場合は D style webは辞めた方が良いです。

そもそものアンケート量が少ないので、登録しても物足りないでしょう。

座談会への依頼も当選確率は低いし、『アンケートモニターって稼げない』と勘違いしてしまうかも。

D style webはあくまで、他のアンケートモニターとの掛け持ちで活きるサイトです。

  1. アンケート頻度は少ないけど単価が高い
  2. アンケート頻度は少ないけど座談会の依頼が多い

この2つの特徴を活かせるのが、アンケートモニターを掛け持ちするときになります。

D style webの評価

  • メインとしては使えない
  • 掛け持ちするときのサブとして使う

D style webの評判は良い!ただ口コミを見るとメインでは使えない

D style webの評判

D style webは口コミを見てわかるとおり、誰にでもおすすめできるアンケートモニターではありません。

おすすめできるのは『複数のアンケートモニターを使って稼ぎたい人』のみ。

1つだけ登録したい場合はD style webを選ぶと、アンケート量が少なくて後悔しますよ。

  • アンケート量が少ない
  • アンケート単価が高い
  • 座談会の依頼が多い

この特徴を活かせるのが、 D style webを含めて複数のアンケートサイトで稼ぐという使い方です。

複数のサイトを使うなら、アンケート量は少なく単価が高いのは、コスパ良く稼げるので好都合。

座談会の応募回数も増やせて、当選したら一気に稼げるチャンスもあります。

このようにD style webは、『使うか・使わないか』ではなく『どのように使うか』が大事。

もしスマホでのお小遣い稼ぎが目的なら、 D style webの特徴が活きる使い方を実践してみませんか?

参考⋙アンケートモニターを掛け持ちするコツとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました