マクロミルのポイント交換におすすめ!商品交換などお得な交換先やNG換金先

マクロミルのポイントは、交換先によってお得度が変わります。

マクロミルは手数料が無料なので『どこで換金してもいい』と思いがち。

でも実際は、マクロミルのポイント交換がお得になったり損するケースがあるんです。

  1. マクロミルのポイントを交換する方法
  2. ポイントをお得に換金するには?
  3. マクロミルのポイント交換の注意事項

この3つを知れば、マクロミルで貯めたポイントを損することなく上手に使うことができますよ。

お得な換金は、あなたが普段からどんな支払いをしているかで変わってきます。

マクロミルのポイントを交換する方法!申し込み手順を画像で解説

ポイントを交換する順番

まずはマクロミルで貯めたポイントを交換する方法を確認しましょう。

マイページから簡単にできるようになっていますが、画像付きで解説していきます。

① マクロミルの申し込みページへ移動する

まずはマクロミルの公式サイトへアクセスしましょう↓↓

公式サイト⋙マクロミルのログインページはこちら

ログインしてマイページになったら、左下にある『ポイント交換申し込み』を選びます。

マクロミルのポイント交換申し込み
出典元 マクロミル

② 本人確認をする!第2パスワードを忘れても大丈夫

『ポイント交換申し込み』を選ぶと本人確認のページが出てきます。

マクロミルの第2パスワード
出典元 マクロミル

入力する項目

  • ログインパスワード
  • 第2パスワード
  • 生年月日

注意したいのが第2パスワードですね。

私も経験があるのですが、第2パスワードは滅多なコトでは使わないので忘れがち。

ただマクロミルは第2パスワードを忘れた場合でも、再発行できるようになっています。

『第2パスワードが不明な場合』を選ぶと、メールアドレス当てに新しいパスワードが発行されるのでご安心を。

③ ポイントの交換先を選ぶ!手数料は無料

本人確認が終われば、あとはポイントの交換先を選ぶだけになっています。

交換先交換上限手数料
銀行口座5000円分無料
Amazonギフト券5000円分無料
Pex1000円分無料
T-POINT5000円分無料
Gポイント5000円分無料
商品交換
仮想通貨5000円分無料
※最低交換額500円(初回のみ300円)

マクロミルで貯めたポイントの手数料が無料となっています。

交換したいサービスにチェックを入れて、最低交換額以上の額を指定すればOK。

※注意事項

お得な交換方法については、後で詳しく解説しています。
今は簡単な流れだけ知っておきましょう。

④ それぞれの交換先への提携を済ませる

交換先を選んだ後は、その交換先が、本当にあなたのものなのかを確かめます。

例えば登録銀行口座への振込を選んだら銀行口座の情報を入力する必要があります。

マクロミルの銀行口座振り込み
出典元 マクロミル

入力する項目

  • ポイント振込先銀行
  • 支店番号
  • 口座番号
  • 口座名義

またTポイントに交換するなら、ポイント交換番号を入力して紐づけします。

マクロミルのポイント交換番号
出典元 マクロミル

入力する手順

  • Yahoo!Japanでポイント交換番号を確認
  • 16桁の交換番号を入力

このように選んだ交換先との紐づけをすれば、あとはポイントを交換するだけ。

これでマクロミルで貯めたポイントは、無事に交換することができました。

⑤ 交換先の最低交換額と交換上限に注目

マクロミルの登録ページ
出典元 マクロミル

マクロミルは手数料が無料なのがメリットですが、交換上限額があるんです。

貯めたポイントを1度で全額換金できることは稀。

がっつりポイントを貯めたら上限に引っかかるので、何日かに分けてポイント交換する必要があります。

例えばPexなど交換上限は1000円分。

マクロミルで貯めたポイントが1万ポイントあれば、10日に分けて交換していかないといけません。

なのでマクロミルのポイントはマクロミル内で貯めていても、あまりメリットはないんですね。

日頃からポイントが最低交換額を超えたらポイント交換するようにしておきましょう。

マクロミルのポイント交換する手順

  1. マイページから『ポイント申し込み』へ移動
  2. 本人確認をする
  3. ポイントの交換先を選ぶ
  4. 選んだ交換先とマクロミルを紐づけさせる
  5. 貯めたポイントが多いなら何日かに分けて振り込む

これでマクロミルで貯めたポイントを交換する手順が完了しました。

マクロミルはアンケート量が多く、交換手数料が無料なので、お小遣い稼ぎに最適です。

このマクロミルをメインに使いつつ、他のサイトと掛け合わせることで、さらに効率的に稼げるようになりますよ↓↓

参考⋙アンケートモニターの稼げるランキング【※2022年5月時点】

マクロミルでのポイント交換におすすめ!商品交換から楽天ポイントも可

マクロミルのお得なポイント交換方法

マクロミルのポイントを交換する手順は先ほどの通り。

ただマクロミルのポイントの交換先が多くて、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そこで次はお得なポイントの換金先について見ていきます。

普段からどんなサービスを使っていて、何で支払っているのかで、お得な換金先は変わります。

マクロミルのポイント交換はいつ行う?キャンペーン中が理想

まずはポイントを交換する時期ですが、お得な期間があります。

それがマクロミルのポイント交換キャンペーン中。

マクロミルのキャンペーン
引用元 マクロミル

マクロミルでは不定期で、ポイント交換するときにお得なキャンペーンを実施しています。

例えば過去には、Gポイントに交換すれば、Gポイントが抽選で当たるキャンペーンだったり。

またはPexに交換したら、100万ポイントを均等に山分けするキャンペーンなどが実施されていました。

ただこれらのキャンペーンは今後も必ずあると保証されているわけでもありません。

なので換金するタイミングにキャンペーンがあったらラッキーくらいでいいと思います。

どうしてもキャンペーンを待ちたいなら、マクロミルでのポイントを貯めたままにしておくのも良いでしょう。

その間に別のアンケートサイトを使っていれば、そのサイトで貯めたポイントを換金して使えます↓↓

参考⋙アンケートモニターのおすすめランキング!安全に稼げるサイト5選

マクロミルのポイントは商品交換がお得

マクロミルの商品交換
出典元 マクロミル

マクロミルのポイントを一番お得に交換できる可能性があるのが商品との交換です。

マクロミルでは、ポイントの交換先に商品も用意されているんですね。

その商品は通常のお店やネット買うよりも、ポイント分で買った方が安いように設定しています。

なので『欲しい商品があれば、ポイントを商品を交換するのが一番お得』と言えるでしょう。

ただお得になるからと、欲しくもない商品を交換するのは良くありません。

そんな換金をするくらいなら、手数料無料で現金に変えた方が良いです。

あくまで『これ前から欲しかった!』という商品があったときだけ交換を検討しましょう。

ポイント交換額を増やせる”Pexの特別レート”がお得

Amazonギフト券
出典元 Amazon

少しでもお得にマクロミルのポイントを交換したいなら、Pexの特別レートを活用しましょう。

Pexでは時期ごとに100%以上のレートでポイントを交換できる方法が用意されています。

公式サイト⋙Pexの特別レートを確認する

例えば過去にAmazonギフト券が『99円分⇒100円分』に交換できるレートが用意されていました。

なのでマクロミルのポイントをPexを経由させ、Amazonギフト券に交換する貯めたポイント以上の換金額に換えることができます。

マクロミルからPexへ、Pexから特別レート先への交換手数料も無料となっています。

お得さを追求するなら、Pexの特別レートを確認するのが良いですよ。

参考⋙マクロミルで月いくら稼げる?平均の収入を公開中

マクロミルのポイント交換は現金も可能!ゆうちょや楽天など銀行振込

マクロミルの現金化

もしAmazonでの買い物を行っていないなら、現金に変えておくのが無難です。

マクロミルに対応した銀行の口座を持っているなら、貯めたポイントを100%そのまま現金に交換できるので。

手数料は無料ですし、何にでも使える現金にしておくのは無難な換金と言えますね。

口座に振り込んだからと、確定申告に影響が出ることもほぼありません。

参考⋙アンケートモニターは副業になるの?確定申告などの謎

仮想通貨への投資で一攫千金を狙う

ポイントを仮想通貨に交換

今まで話したのは少しお得になるというポイント換金術でした。

ただ仮想通貨へ交換すれば、交換したポイントが何十倍になる可能性があります。

2017年度だと仮想通貨の価値は100倍になりましたし、今後値動きがまた上昇するかもしれません。

そういう意味では仮想通貨への交換も魅力的なのですが、一方でデメリットもあります。

それは交換したポイントが逆に何十分の1になるリスクもあるということ。

現時点では、仮想通貨が将来どのように値動きするのかは誰にもわかりません。

一気に増える可能性もあるし、価値が0になるリスクもある。

そんなギャンブル性が高いポイント交換先が仮想通貨と言えますね。

公式サイト⋙コインチェックを詳しく見る

PexならiTunes・au・dポイントへ移行可能【実質手数料あり】

マクロミル指定の銀行の口座を持っていない。

そんなときはPexへのポイント交換を検討しましょう。

Pexでポイントを貯めれば、そこから銀行や電子マネーなどいろんな支払いに対応できます。

Pex
出典元 Pex

Pex交換先の例

  • Amazonギフト券
  • GooglePlayギフト券
  • Pollet
  • JCBプレモデジタル
  • クオカードPay
  • dポイント
  • nimoca
  • ヤマダデンキ
  • BitCash
  • 楽天ポイント
  • LINEポイント
  • Vポイント
  • nanavo
  • WAONポイント
  • Web Money
  • 楽天Edy
  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • その他の銀行

例えばマクロミルでは対応していない銀行にも振り込めるし、auポイントやdポイントとしても使えますよ。

マクロミルのポイントを、普段使っている支払い方法に変えるというイメージですね。

注意点は実質手数料がかかるかもしれないということ。

マクロミルからPexへの交換は手数料が無料です。

ただPexから銀行や電子マネーに交換するときに手数料がかかる場合があるんです。

公式サイト⋙Pexの交換先と手数料を確認する

Tポイントは好みの問題!楽天ポイントは手数料がかかる

マクロミルは交換手数料無料でTポイントにも移行できます。

Tポイントに関しては完全に好みですね。

普段からTポイントで支払いを行っているなら、交換する価値はあります。

Tポイントに換金
出典元 Tサイト

Tポイントが使えるお店の例

  • TSUTAYA
  • 蔦屋書店
  • ブックライブ
  • カメラのキタムラ
  • アシックス
  • ファミリーマート
  • ウエルシア
  • エディオン
  • Yahooショッピング
  • ガスト
  • 洋服の青山
  • バーミアン

ただこれをキッカケに、Tポイントを新しく作る必要はありません。

それなら銀行口座に振り込みして現金化したり、電子マネーに変えた方が便利に使えます。

高校生のモニター会員で口座を持っていない場合はTポイントにしておくと使い勝手が良いですよ。

またTポイント経由で、無理やりに楽天ポイントに変えることもできます。

TポイントでYahoo!ショッピングから楽天ポイントのギフトカードを購入するだけ。

手数料が高いですが、楽天で買い物している場合は検討する価値があります。

GポイントはLineポイントを使う時だけ検討

マクロミルには、Pex以外にもGポイントへ交換することができます。

ただGポイントに、積極的にポイントを交換することはおすすめできません。

理由はGポイントから各交換先に移行するときに、手数料が高いから。

ただLineポイントなど、Gポイントでしか交換できない交換先もあります。

それ以外の理由では、できるだけPexでの交換を選んだ方がいいですよ。

マクロミルのポイントはJALマイル・ANAマイルにすると損

マイラーなら、マクロミルのポイントをマイルに交換することもできます。

Tポイント・Pex・Gポイントに交換できるので、そこからJALやANAのマイルに変換が可能。

手数料はかかって損になります。

ただマイル集めにこだわっているなら、この方法もありますよ。

【お得な交換方法】

  • ポイント交換キャンペーンがあれば活用する
  • 欲しいモノがあれば商品交換がお得
  • AmazonユーザーならPex経由でAmazonギフト券にする
  • 銀行振込で現金にするのが無難
  • 仮想通貨に変えて一攫千金を狙う
  • 口座を持っていないならTポイントもあり

マクロミルのポイントを交換するときの注意点

マクロミル
出典元 マクロミル

最後はマクロミルのポイントを交換するときの注意点を見ていきます。

ポイントの有効期限や、マクロミル特有のデメリットがあります。

AppleのiPhoneではポイント交換はスマホ非対応!ブラウザで行う

マクロミルのアプリを使っている場合は、iPhoneの場合はポイント交換ができません。

なのでブラウザからアクセスしてポイント交換を行いましょう。

Appleの端末ではアプリ内で規制があるため、ブラウザで行う必要があります。

スタバなどポイント交換できないわけではないが…

ポイント交換できない

マクロミルには複数のポイント交換先があります。

ただ交換先によっては、どんどん手数料を取られて損することがあります。

例えばスターバックスのポイントにするためには『マクロミル⇒Tポイント⇒ANAマイル⇒スタバ』と移動させる必要があります。

交換するごとにどんどん手数料が取られて、自由に使えるポイントが減っていくんですね。

なのでマクロミルのポイントを交換する時は経由しすぎないこと。

Amazonギフト券か口座振込で現金にするかの2択で悩んだ方が良いです。

参考⋙マクロミルは稼げない?ポイントがたまらない人の共通点

マクロミルのポイント交換は遅い!日数がかかる

手帳

マクロミルは手数料が無料なのがメリットですが、反映されるのが遅いのがデメリット。

各交換先の反映時間は以下の通りです。

マクロミルの交換先と期間

  • 銀行口座に振込…振込期日 翌月20日以降
  • Amazonギフト券…お届けタイミング 翌月20日以降
  • Pex…交換申し込み後、7日後以降
  • Tポイント…振込期日 翌月15日以降
  • Gポイント…振込期日 翌月15日以降
  • 商品交換…お届けタイミング お申込みより2週間以内
  • 仮想通貨…振込期日 即日
  • 寄付…交換成立 即日

即日なのは仮想通貨と寄付だけ。

あとは時間がかかる交換先が多いですね。

期間が長いので急な金欠には対応できません。

これはマクロミルの数少ないデメリットと言え、利用者からも不満があります。

参考⋙マクロミルの評判は?悪い口コミから見える改善点

ポイント交換に期間がかかるくせにキャンセルはできない

マクロミルのポイント交換期間

ポイント交換に時間がかかるのに、一度決定した処理はキャンセルできないようになっています。

1000円分をPexに振り込むことを決定したら、もうその1000円はPexに行くことが決定。

次回以降は別の交換先をまた選べますが、一度した決定はキャンセルできないようになっています。

慎重に交換先を決めて、ポイント効果の手順を行いましょう。

参考⋙マクロミルは安全なのか?安全性を見極める基準

マクロミルで貯めたポイントは自分に合ったポイント交換先を選ぶ

マクロミルのポイント換金

マクロミルはポイント交換するときの手数料が無料なのがメリット。

ただ交換先の候補が多くて、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。

まずは商品を見てほしいモノが掲載されていないか確認しましょう。

欲しい賞品がなくてAmazonを普段使っているならPex経由でAmazonギフト券にするのが一番お得。

Amazonを使っていないなら、対応している銀行に口座振込して現金として持っておくのが無難です。

高校生などで口座を持っていない場合はTポイントなどへの交換も検討しましょう。

このように普段の買い物する場所や支払い方法によって、お得なポイント交換先は変わります。

今回の記事を参考に、マクロミルのポイントを無駄なく交換しませんか?

参考⋙マクロミルの稼ぎ方!コスパのいい使い方

コメント

タイトルとURLをコピーしました