リサーチパネルのポイント交換!お得な換金や現金変える方法【画像付き】

リサーチパネルで貯めたポイントは、お得に交換できるって知ってました?

ECナビからPex経由でポイント交換するので、手間がかかるのは事実。

でもPexの特別レートを使えば、貯めたポイント以上の換金額となるんです。

  1. リサーチパネルのポイントを交換する方法
  2. リサーチパネルのポイントを現金化する方法
  3. リサーチパネルのポイントをお得に換金できる交換先

この3つを知っていれば、リサーチパネルで貯めたポイントを効率的に換金できます。

またポイントを交換するときは、反映されるまでに時間がかかります。

その時間を無駄にしないためにも、アンケートモニターを掛け持ちして、時間を有効活用しましょう。

私が過去に利用して稼げたサイトは以下にまとめてあります↓↓

参考⋙アンケートモニターの稼げるランキング【※2022年5月時点】

リサーチパネルのポイントを交換する方法を画像で解説

リサーチパネルのポイント交換

リサーチパネルのアンケートに答えて得たポイントを交換するには、以下の5つのステップが必要です。

どれも簡単な手順となるので、1つずつこなしていきましょう。

①Pexへ登録する!『リサーチパネル⇒ECナビ⇒Pex』

まず最初のステップは、Pexへ会員登録するとこから始まります。

(すでに登録しているならこのステップは飛ばして構いません)

リサーチパネルでアンケートに答えると、ECナビにポイントが貯まりますよね?

実はこのECナビで貯めたポイントは、Pexでしか交換できないようになっているんです。

要するに『リサーチパネル⇒ECナビ⇒Pex⇒ポイント交換』と手順を踏む必要があるということ。

少し面倒ですが、Pexなら他のアンケートサイトで貯めたポイントも交換できることが多いです。

複数のサイトで貯めたポイントをPexで管理できるので、メリットでもあるんですね。

登録方法は簡単。

まずPexの公式サイトに移動して『無料会員登録』を選びます↓↓

公式サイト⋙Pexの登録ページはこちら

そして必要な項目を入力して、Pex会員規約に同意して次へ進みましょう。

Pexの登録
出典元 Pex

入力する項目

  • メールアドレス
  • パスワード
  • ニックネーム
  • 名前
  • 名前(フリガナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号

これで内容確認すると、Pexからメールが送られていきます。

そのメールで認証すれば、正式に会員登録が完了。

これでリサーチパネルのアンケートで答えたポイントを、Pexで交換することができます。

②リサーチパネルで答えたアンケート報酬は自動的にECナビへ反映される

Pexに登録して準備が整ったことで、実際にポイントを交換していきます。

まずリサーチパネルの公式サイトにアクセス↓↓

公式サイト⋙リサーチパネルのページへ移動する

リサーチパネルから『ポイントを確認する』を選ぶと、ECナビの『ポイント履歴』へ移動します。

ECナビのポイント確認
出典元 リサーチパネル

リサーチパネルで答えたアンケート報酬は、自動的にECナビに貯まっていきます。

なのでこのままECナビのポイントとして、換金手続きを行っていくんです。

③ECナビでメール認証・電話認証を行う

リサーチパネルもECナビも、安全性が高いポイントサイト。

なのでECナビで貯めたポイントをPexへ移動するときは、本人認証が必要となります。

まず画面の『ポイント交換には電話認証が必要です』を選び、『メール認証コードを送信』に進みます。

ECナビのメール認証
出典元 ECナビ

すると受信トレイに、ECナビからのメールが届いているかと思われます。

そこから30分有効と書かれたメール認証コードを、ECナビに入力。

認証されると、次は電話認証のページに移ります。

ECナビの電話番号認証
出典元 ECナビ

指示通り、次は認証用電話番号を入力します。

そしてSMSか電話で数字を確認し、ECナビのページでコードを入力すれば完了。

『交換申し込みへ』を選べば、希望する額をポイント交換できますよ。

Pexの口座番号を入力して、ECナビのポイントを移行しましょう。

Pexの交換申し込み
出典元 ECナビ

ECナビはセキュリティ対策が万全なので、メール認証・電話認証の両方が必要となります。

面倒だと感じるかもしれませんが、この2段階認証が安全性を高めているんですよね。

④Pexに移行されたポイントを換金する

ECナビのポイントをPexへ移行させると、即日反映されます。

それを確認したらPexから、あなたが望む交換先へポイント交換します。

現金がいいなら銀行への口座振替、電子マネーが良いなら楽天Edyなど、交換先の候補はさまざま。

(現金化する方法やお得な交換方法については、後で詳しく解説しています)

Pexの交換先
出典元 Pex

『交換申し込みへ』を選び、Pexでも本人認証を行います。

先ほどと同じで、メール認証コードを取得し、次に電話認証を行いましょう。

Pexのメール認証
出典元 Pex

認証が終われば、お好きな交換先を選んで完了。

(下の画像では楽天銀行を選んでいますが、本人認証すればどの交換先でも選べます)

Pexの交換申し込み
出典元 Pex

これでリサーチパネルのポイントを交換する手順は終わりました。

⑤Pexで交換したポイントが反映されるまで待ち確認する

先ほどまでの4ステップで、リサーチパネルのポイントを交換する手順は完了しました。

あとは最終確認として、実際に交換先に振り込んだポイント分が反映されているか確かめます。

反映される時間は、交換先によってバラバラ。

ポイントの交換先と反映時間

  • 楽天銀行 リアルタイム~数時間
  • ゆうちょ銀行 翌月25日前後
  • 楽天ポイント 2日前後
  • 楽天Edy 7日前後

反映されるまでの間は、他のアンケートサイトを使って、ポイントを貯めるのがオススメ。

暇なときにリサーチパネル以外のサイトでもアンケートに答える環境を作る。

こうすることで電車の待ち時間やテレビのCMなど、スキマ時間にお小遣い稼ぎができるようになります。

参考⋙アンケートモニターのおすすめランキング!安全に稼げるサイト5選

リサーチパネルのポイント交換方法

  1. Pexへ会員登録する
  2. リサーチパネルのポイント交換からECナビへ移動
  3. ECナビのポイントをPexに移行
  4. Pexからポイントを交換する
  5. 反映されたか確認する

リサーチパネルを現金に換金する方法

リサーチパネルの現金化

リサーチパネルで貯めたポイントを現金として使いたいとき、以下の交換先を検討しましょう。

あなたが買い物するときの支払い方法を思い出しながら使い分けるといいです。

Pexのポイントを現金にするには銀行への振り込み

ポイントをお金にしたいなら、銀行振り込みを選びます。

Pexが対応している銀行なら手数料50円分でポイント交換が可能。

(対応していない”その他の銀行”の場合は200円分が手数料)

銀行への口座振込なら、Pexのポイントを完全に現金化できます。

デメリットとしては交換手数料が50円~200円と高いことですね。

銀行口座への振り込みということで、口座を入力するなど不安を感じるかもしれませんが大丈夫。

リサーチパネルは会員数も多く運用歴も長いです。

実際に私も口座振込を試しましたが、無事にポイント交換できましたよ。

参考⋙リサーチパネルは悪質?怪しいときの安全性の確かめ方

リサーチパネルの手数料が嫌ならdポイントなど電子マネーも検討

現金化したいけど手数料を取られるのが嫌

そんなときは電子マネーへのポイント交換がおすすめ。

Pexの交換手数料
出典元 Pex

電子マネーなら現金として使えますし、手数料が無料のものもあります。

普段から使っている電子マネーで、手数料が安いものはないか探してみましょう。

最新のレートや交換手数料は以下の公式サイトで確認してください↓↓

公式サイト⋙Pexの交換先を確認する

リサーチパネルの換金でお得な交換先について

ECナビ

現金化しなくていいから、少しでもお得にポイント交換したい。

そんなときは次の候補から、Pexのポイント交換を選んでいきましょう。

Pexの交換キャンペーンを狙うのがお得

少しでもリサーチパネルで貯めたポイントをお得に交換したいなら、Pexのキャンペーンを確認。

Pexでは定期的に、お得な特別レートでポイントを交換できるようになっています。

Pexの特別レート
出典元 Pex

特別レート(2021年2月時点)

  • Amazonギフト券 990p⇒100円分
  • App Store& itunes 4900p⇒500円分
  • GooglePlay ギフト券 990p⇒100円分
  • Pollet 2000p⇒201円
  • JCBプレモデジタル 4950p⇒500円分

このキャンペーンのレートを選べば、貯めたポイントより多く換金できます。

時期によってレートは変わるので、最新情報はPexの公式サイトで確認してください↓↓

公式⋙Pexのポイント交換時のレートを確認する

今ならアマゾンギフト券がアツい!

私が現時点でオススメなのはAmazonギフト券です。

Amazonギフト券を選べば990ポイントが100円に交換可能。

つまり99円分のポイントが100円分として使える、割増になる特別レートです。

ポイ活をコツコツ続ける

Amazonならアカウントもすでに持っている方も多いし、サイト内で好きな商品を何でも買えますよね。

現金化とは言えませんが、欲しいモノが何でもそろっているAmazonギフト券に交換するのがお得です。

Amazonで買った方が安い商品もあるので、そういった商品をAmazonギフト券で買うとお得ですね↓↓

参考⋙リサーチパネルはいくら稼げる?月1万以上を狙う戦略

Lineポイントやマイルなどへ交換するときの注意点

逆に注意したいのがLineポイントやマイレージへの交換。

どちらも手数料は無料となっているのですが、レートが悪いので損しやすいです。

マイレージに交換する
出典元 Pex

避けたい交換先

  • Lineポイント 110p⇒100円分
  • ANA 1000p⇒30マイル
  • JAL 4000p⇒100マイル

せっかくコツコツ貯めたポイントが、交換しただけで減っていくのって嫌ですよね。

普段使っているからとLineやマイルにしようというのは要注意。

できるだけ交換レートが100%で、手数料が無料の交換先を選びましょう。

参考⋙リサーチパネルの稼ぎ方のコツを紹介。効率的な取り組み方

リサーチパネルのポイントの交換先は多用!換金はお得と使いやすさで決める

リサーチパネルのポイントを交換する方法

リサーチパネルのアンケートに答えて貯めたポイントを交換するのは手間がかかります。

ECナビで貯めたポイントをPexを経由して、現金や電子マネーに交換する。

これは最初にポイント交換する時は面倒くささを感じるかもしれません。

でもPex特有の特別レートを使えば、お得にポイントを換金することも可能。

『交換レートと交換手数料』

この2つで交換先の候補を絞りながら、あなたが普段行っている支払い方法と相性がいい交換先を選びましょう。

迷っているなら現金振込かAmazonギフト券への交換がオススメです。

現金に交換しておけば損はしないし、特別レートのAmazonギフト券に交換すればお得感があるので。

参考⋙リサーチパネルの評判・口コミ!他サイトとの違いを発表

コメント

タイトルとURLをコピーしました