リサーチパネルの稼ぎ方【攻略】使い方や効率的に稼ぐコツを解説

リサーチパネルは上手に使えば効率的に稼ぐことができます。

ただ逆にコスパが悪い使い方をしていると、『頑張ってるのにポイントが貯まらない』となりがち。

そこで今からリサーチパネルでの稼ぎ方のコツを公開していきます。

  1. リサーチパネルの稼ぎ方とコツ【効率的に稼ぐ方法】
  2. リサーチパネルのNGな使い方
  3. アンケートモニター全般で稼ぐ意識を持つ大切さ

この3つを知れば、リサーチパネルを使ってスキマ時間にお小遣い稼ぎができるようになります。

昨日までの無駄な時間を使ってポイントを貯め、自由に使えるお金を増やしませんか?

リサーチパネルの稼ぎ方!効率的に稼ぐコツ

リサーチパネル
出典元 リサーチパネル

ではさっそくリサーチパネルでの効率的な稼ぎ方とコツをお話しします。

全部で7つのステップがありますが、一連の流れとなっているので簡単。

1つ目のコツを抑えておけば、少しずつ稼げるチャンスが増えていくようになっています。

リサーチパネルの稼ぎ方① 事前調査アンケートに答える

リサーチパネル内で稼ぎたいなら、事前調査アンケートにたくさん答える必要があります。

本当はすぐにでも単価が高い本調査アンケートや、高額な報酬がもらえる調査モニターに応募したいところ。

ただリサーチパネルは事前調査アンケートに答えた人の中から、高単価な依頼を選んでいます。

なので稼げる額は少ないですが、リサーチパネルの事前調査アンケートにたくさん答えるのが最初のステップ。

事前調査アンケート自体は1分ほどで回答できるものがほとんどです。

だから新着アンケートが来たら、ライバルよりも早く答えて、高額な依頼が来るチャンスを増やしましょう。

これはリサーチパネル以外のアンケートサイトでも行うとより効率的です。

暇なときにリサーチパネルを見ても、新着アンケートがないなら待つしかないですよね。

でも複数のサイトに登録すれば、どこかのサイトでは回答できるから時間が無駄になりません↓↓

参考⋙アンケートモニターの稼げるランキング【※2022年5月時点】

リサーチパネルの稼ぎ方② 海外アンケートで稼ぐ!(危ないアンケートはなし)

事前調査アンケートとは別に届くのが、海外アンケート。

海外の企業がリサーチパネルに依頼して、日本のモニターの意見を聞くためのアンケートです。

海外アンケートは本調査アンケートにつながりませんが、通常のアンケートより単価が高め。

海外のお金持ち企業が日本にアンケートを実施しているので、高単価となっています。

問題は少し日本語が変で読みづらいときがあること。

質問文が日本語として成立してないので、何度も読み直して理解しなければなりません。

翻訳の問題であって、リサーチパネル自体が怪しい会社ではないので安心してください↓↓

参考⋙リサーチパネルは悪質?怪しいときのチェック項目

リサーチパネルの稼ぎ方③ 本調査アンケートに答える(うざいメールは停止)

スマホを使う女性

リサーチパネルの事前調査アンケートに答えると、少しずつ本調査アンケートの依頼が増えてきます。

事前調査アンケートは1問数円分の単価ですが、本調査アンケートは1問数十円~数百円と高単価。

ライバルに先を越されないように、本調査アンケートは優先して答えましょう。

アンケートのボリュームは少し多くなっています。

5分ほどかかるケースもありますが、アンケート内の質問数が多くなるほど単価が上がると考えてOK。

リサーチパネルのアンケートで稼ぐなら、この本調査アンケートを何問答えられるかで決まります。

だからこそ事前調査アンケートはたくさん来ますが、こまめに答えていきましょう。

メールがうざいときは配信設定を変えればストレスが減りますよ↓↓

参考⋙リサーチパネルでうざい瞬間とは?メールや広告への対応

リサーチパネルの稼ぎ方④ 商品モニターに応募

試供品モニター

事前調査アンケートに答えると、調査モニターの依頼も来るかと思います。

座談会とかホームユーステスト(試供品モニター)などですね。

こういった調査モニターには、できるだけ応募しておくことがオススメ。

なぜなら調査モニターはメチャクチャ単価が高いからです。

例えばホームユーステストは新商品を試してアンケートに答えただけで数千円分の報酬。

座談会なら1時間で1万円がもらえる依頼もあります。

手軽だけどコスパが悪いというのがアンケートモニターの欠点。

しかしこの調査モニターだけは一般的なバイトと比べても格段に稼ぎやすいんですね。

ただこの調査モニターは、他の会員さんも応募するので、なかなか当選しません。

なので依頼がきたら、どうしても無理な日時以外は応募すること。

そしてアンケート内容でも『優秀なモニター』として企業にアピールしましょう。

例えば自由記入欄があれば、一生懸命に書くこと。

企業側からしても『特になし』と書く人より、長文で正直に書いたモニターの意見が聞きたいはずです。

もし当選したら、その日のスケジューリングも行いましょう。

座談会などは高単価ですが交通費が自腹なんですね。

そして座談会は都心で行われることが多いので、別の用事も同時に作っておくと良いです。

例えば私の場合は座談会の後に、ウィンドウショッピングやお買い物をしています。

ちなみに座談会の応募時は名前や電話番号を入力することがあります。

当選したら電話がかかってきますが、危ない使われ方はしません。

リサーチパネルは安全性の高いサイトなので、個人情報の入力時に不安を感じる必要はありませんよ。

参考⋙リサーチパネルは安全?安全性を調べる項目とは?

リサーチパネルの稼ぎ方⑤ ECナビの案件をこなす(※ポイ活でも稼ぎたい人向け)

ECナビ
出典元 ECナビ
  1. 事前調査アンケートに答える
  2. 本調査アンケートは優先して答える
  3. 調査モニターは積極的に応募する

この流れはリサーチパネルに限らず、どのアンケートサイトでも同じです。

リサーチパネルだけで稼ごうとすると、この3ステップに集中するしかありません。

ただリサーチパネルには他のアンケートサイトにはないメリットがあるんです。

それがリサーチパネルとECナビにある案件型のアンケート。

例えばアプリをダウンロードすれば100円分のポイントがGETとか。

アンケートに答えたあとに商品を購入するとポイント還元にあるとか。

また高単価な案件でいうと、クレジットカードの発行で1万円分のポイントがもらえることもありました。

どの案件を選ぶかはあなた次第です。

どんどん稼ぎたいなら、頑張って案件もこなしていきましょう。

逆にアンケート報酬だけにこだわるなら、リサーチパネルやECナビの案件は無視しても構いません。

ちなみに私はアプリのダウンロードなど手軽な案件だけ実践するようにしています。

(クレカとか増やしたくないので…)

参考⋙リサーチパネルはどのくらい稼げる?月1万以上を狙う戦略

リサーチパネルの稼ぎ方⑥ ECナビ経由で買い物をする(評判は微妙)

買い物でポイント還元

ECナビには『○○すればポイントGET』のような案件以外のポイントの貯め方があります。

その1つがネットショッピング。

普段使っているショッピングサイトを、ECナビを経由してアクセスするだけで、買い物額の約0.5%がポイント還元されるというものです。

ECナビで対応しているサイトの例

  • 楽天
  • Yahooショッピング

※最新情報はこちら⋙ECナビの公式サイトで確認する

普段は楽天やYahooショッピングに直接アクセスして買い物をしていると思います。

でもECナビを経由して、ショッピングサイトにアクセスするだけでECナビでもポイントが貯まるのでお得。

以前からネットショッピングをしていたのなら、次からはECナビ経由でアクセスできないか確認しましょう。

ECナビでもポイ活できるのはリサーチパネル特有のメリットです。

参考⋙リサーチパネルの評判・口コミ!他サイトとの違いを活かせ!

リサーチパネルの稼ぎ方⑦ デイリサーチは使わない

最後は気楽に貯められるポイントについて。

まずリサーチパネルにはデイリサーチという1日1問答えられるアンケートがあります。

アンケート自体は5秒くらいで答えられるもので、参加した時点で1ポイント(0.1円分)。

さらに抽選で1等が10000ポイントとなっています。

ちなみに私は数カ月試しましたが、参加の1ポイント以外に当選したことはありませんでした。

またリサーチパネルからメルマガが届くのですが、ここにも楽に貯められるポイ活があります。

メールの文章の中に『URLをクリックすれば10pt(1円分)』という箇所があります。

このURLをクリックすればポイントがもらえるので、アンケートに答えるより楽なポイ活と言えますね。

最後はECナビ内でのゲームについて。

ECナビのサービスにはゲームがあり、そのゲームをするだけで数ポイントがGETできるようになっています。

これらのポイ活は楽に貯められるのがメリットですが、少額しか貯まらないのがデメリット。

少しでも稼ぎたいなら、これらのポイ活は避けて、他のアンケートサイトでアンケートに回答した方が良いでしょう。

ただリサーチパネルやECナビだけで、ポイントを貯めたいならチャレンジする価値はあります。

リサーチパネルの稼ぎ方

  1. マメに事前調査アンケートに答える
  2. 海外のアンケートは単価が高い
  3. 本調査アンケートは優先して答える
  4. 調査モニターにはできるだけ応募する
  5. ECナビの案件に取り組む
  6. ECナビ経由で楽天やAmazonの買い物をする
  7. デイリサーチなどはコスパが悪いのでお好みで取り組む

リサーチパネルのNGな使い方!効率の悪い稼ぎ方

次はリサーチパネルを使う時のNGな利用方法について、お話しします。

せっかくアンケートに答えてポイントを貯めているのに、以下の3つの使い方をしていると台無しです。

① リサーチパネルのアンケートにテキトーに回答する

アンケートに不正回答

早くアンケートに答えてポイントが欲しい

そんな思いから質問文を読み飛ばしてアンケートに答えてはいませんか?

実はこんな使い方をしていると、リサーチパネルからのアンケートが減る恐れがあります。

そもそも焦って回答すると、回答内容に矛盾が生まれるんですね。

事前調査と本調査で回答が変わったり、同じ質問に違う回答をしたり。

このように回答に矛盾があると、リサーチパネル側から『真面目に答えてないの?』と判断されます。

こうなると会員として信頼性が無くなり、高単価のアンケートが来なくなってしまうんですね。

なのでリサーチパネルのアンケートには、正確に答えるように意識しましょう。

もしすでにアンケートが少なくなっている場合は、別のサイトでアンケートモニターに取り組んだ方が良いです↓↓

参考⋙リサーチパネルのアンケートが来ない原因と対策

② リサーチパネルからアンケートが来るのを待つ

タイムイズマネー

たくさんの事前調査アンケートに答えようと、こまめにリサーチパネルをチェックする。

これは素晴らしいのですが、チェックしたときにリサーチパネルの新着アンケートがないこともありますよね。

そのときに『アンケートには全部答えているな』と、ポイ活を辞めるのはもったいないんです。

アンケートモニターは気楽にできるけど、一気に報酬が貯まるものではありません。

だからリサーチパネルに限らず、他のアンケートサイトも掛け持ちした方が効率が上がります。

空いた時間にスマホを見たら、どこかのサイトでアンケートに答えられる

この環境を作っておくと、あなたの日常生活にある1分~5分のスキマ時間が、お小遣い稼ぎの時間への生まれ変わります↓↓

参考⋙アンケートモニターおすすめランキング!安全に稼げるサイト5選

③ リサーチパネルで損な交換先を選ぶ

出典元 リサーチパネル

コツコツ貯めたポイントなのに、レートが低い換金方法を選べば台無し。

せっかく頑張って集めたポイントが、手数料というカタチで無駄になってしまいます。

リサーチパネルで答えたアンケート報酬は自動的にECナビに貯まります。

そしてECナビのポイントは、Pexというサイトへしか移行できないんですね。(手数料は無料)

このPexというサイトは様々な交換先が用意されているポイントサイトです。

ただ交換先の中には手数料が高かったり、交換レートが低いモノもあるんですね。

なので交換先を選ぶ時は、交換レートが100%で手数料無料が理想。

例えば電子マネーだったり、特別レートで掲載されている交換先が候補となります。

特別レートとは、100%以上のレートでポイントを換金できるというキャンペーンのこと。

換金先までしっかり選ぶことで、リサーチパネルのポイ活の効果を最大限に引き出せますよ↓↓

参考⋙リサーチパネルのポイントを交換する方法!お得な換金は?

リサーチパネルのNGな使い方

  1. アンケートに雑に回答する
  2. リサーチパネルだけ使ってポイ活する
  3. レートが低い換金先を選ぶ

リサーチパネルで稼ぐコツは簡単!ポイントの貯め方は効率を重視!

リサーチパネルで稼ぐコツ

リサーチパネルはアンケートとECナビを活用すれば、効率的に稼ぐことができます。

まずは事前調査アンケートに答えて、本調査アンケートや調査モニターの依頼を増やすこと。

そしてECナビで達成できそうな案件をこなしていく。

この2つを意識すれば、他のアンケートサイトより稼げるチャンスは多いです。

あとは他のアンケートサイトも掛け持ちして、スキマ時間を上手にポイ活に当てること。

そしてリサーチパネルで貯めたポイントを換金するときは、レートと手数料を気を付けてください。

参考⋙アンケートモニターの一覧を比較!特徴別に分けてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました